歯周病治療

こんな症状の方のための治療です

年を取ったら歯が抜けると思っていませんか?

年を取ったらみんな歯がぐらぐらしてきて、抜け落ちてしまうのが当たり前 そんな風に思っていませんか?

歯を失う最大の原因は、歯周病(歯周炎)です。
歯周病は歯と歯茎の間の歯周ポケットに細菌が住み着き、痛みもなく進行して最終的には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

歯を失う最大の原因が歯周病であるなら、その歯周病を「治療」し、再発しないよう「予防」していくことが、患者さんの歯を守る最善の方法であると、雅歯科は考えています。

そのため、独自の治療法を開発し多くの患者さんに提供しております。

歯周病の症状

軽度歯周病

歯周ポケットの深さが3mm以内、歯のグラグラ揺れる幅が1度(0.7mm~1.0mm)以内のもの。
X線写真を撮ってみると、歯槽骨の吸収が歯根の長さの3分の1以内に収まっているものです。

中等度歯周病

歯周ポケットの深さが3~6mm以内、歯のグラグラ揺れる幅が1~2度(1.0mm~2.0mm)以内のもの。
X線写真を撮ってみると、歯槽骨の吸収が歯根の長さの3分の1から3分の2に収まっているものです。

重度歯周病

歯周ポケットの深さが6mm以上、歯のグラグラ揺れる幅が2~3度(2.0mm~)以上のもの。
X線写真を撮ってみると、歯槽骨の吸収が歯根の長さの3分の2以上にもなっているものです。

スマートペリオ

薬を投薬して1週間後から1日おきに4回(症状や都合に合わせて変わります)通っていただき、熟練した歯科衛生士が徹底的にスケーリング、ルートプレーニング(歯茎より下の歯周ポケット内の歯石取り)を行います。
この際、殺菌効果の非常に高いオゾン水を使って歯周病原菌を殺菌していきます。

その後1週間に1度の割合で3回ほどスケーリング、ルートプレーニングを行うことで、個人差はありますが、比較的短期間で劇的に歯周病を改善することができます。

(C) 2017 Miyabi Dental Clinic.