初診の流れ

当院へ初めてお越しの方へ

天神雅歯科の「治療計画」

天神雅歯科では、初来院時に患者様の主たる悩みを解決させて頂いた後、お口の中全体の検査、診断をさせて頂いています。

2回目来院以降に、担当歯科医師、担当歯科衛生士が患者様のお口のお写真をお見せしながら、どのような治療が必要かをご説明致します。
ご自身のお口の中を改めて見て頂くことで、現状を知って頂き、不安な事は全て、解決致します。

このような取り組みをするのは「歯科治療に透明性を持たせ、安心して治療を受けて頂く為」です。
治療を受けるか否かは患者様ご自身の判断になりますが、現状を知らないままで、判断されることがようにスタッフ一同努めております。

口腔内写真のサンプル画像

「詰め物、被せ物のご相談」

歯科治療には複数の選択肢があります。天神雅歯科では全患者様に選択肢をご説明し、ご自身で治療法を選択して頂いております。

詰め物の説明を例にあげると、保険適用の銀の詰め物は、ご自身の歯にくっつける際、「合着」と言って、「糊付け」のような方法でくっつけます。対して、保険適用外のセラミックの詰め物は、「接着」と言って、「溶接」のような方法でくっつけます。

数年間使って頂くと糊(セメント)は溶けたり、剥がれたりしてしまう一方で溶接(光で固めるセメント)は、そのような事がありません。糊が剥がれた隙間から再度虫歯になってしまい、再治療になるリスクが高まります。
※患者様から「銀の詰め物も溶接すれば、保険適用で長持ちできるのでは?」と質問を受けることがありますが、残念ながら金属の性質上溶接ではくっつけることができません。

以上はほんの一例ですが、担当衛生士より「どういう違い」や「将来的リスク」があるのか等をご説明し、ご不安な点は解消した上で、詰め物被せ物を患者様ご自身で決定して頂きます。その際にどの程度予算で治療ができるかをはっきりさせる為、見積書をご提示しております。
治療を未完のままにしてしまうことが一番良くないので、ご予算との兼ね合いもご相談頂きながら、治療を完了させましょう。

見積書サンプル ① 見積書サンプル ②

 

初診〜治療開始までの流れ

予診表

これまでの病歴・お薬の服用の状況など、治療の参考にさせていただきますので、ご協力下さい。

問診

経験豊富なトリートメントコーディネーターが患者さんのお話を詳しく伺います。
これまでの治療歴や、その中で不安だったこと、分からなかったこと、現在のお口の感じや、痛みへの恐怖心、当院での治療についてのご希望その他、心配なことなど全てお話下さい。

口腔内診

歯式と歯周組織の状態を知る。

写真撮影

現状の口腔内の環境を知るとともに、治癒後との比較を患者さんご自身にも視覚的にご理解いただけるよう、お口の中の写真撮影を行います。

レントゲン撮影

診断資料と治療前後の比較の為(撮影を行わない場合もある)

カウンセリング①

検査の結果を踏まえて、まずは患者さんが気になる部分、痛みのある部分について治療を開始するにあたって、どのような治療を行っていくか詳しく説明いたします。その上で、不安なこと分からないことがありましたら何でもお気軽にご相談下さい。

治療開始

主に主訴(患者さんが当初来院された直接の原因となった症状)を改善するための治療を開始します。
その際、麻酔自体や治療によって生じる痛みが最小限となるように心がけております。

痛みに対する配慮のページへ

(C) 2017 Miyabi Dental Clinic.